パンストコキのやり方|包まれて出すパンストの気持ち良いやり方を提案

パンスト手コキ,足コキ,足裏発射

阿部乃みくがパンストにローションつけてます

パンストコキが膣壁をも凌駕する

今日の一本は、タイトルが斬新で目に止まった。膣壁が嫉妬するパンストの使い方、というものだ。パンストコキが膣壁をも凌駕する、また感触の面で勝る方法があると、この作品は提案している。本当にそれはあり得るのだろうか。

確かにパンストコキというものは、独特の感触を持っている。薄いナイロン質を隔てているので、生足コキとは違う。生ではなく、薄い一枚を隔てることで、ナイロンの摩擦感がプラスされる。体温は微妙に感じる。また一日履くと爪先に酸っぱいような独特の匂いがある。これは生足コキにはないもので、パンストならではのものだ。

ソックスコキ、足袋コキなどは、さらに生地の厚みと豊かな匂いがあるが、パンストフェチの求めるものではない。

Maikaがパンストで足コキしてます

新しいパンストコキの提案

パンストコキにローションを絡めてみる。摩擦感にヌルヌル感が加わり、これは膣壁とは全く違った次元に入る。生殖とは全く関係のない、快感のみを追求する為だけの行為という点では、生物界の中で人間だけが楽しめることなのかもしれない。(サルがパンスト足コキしだしたら世も末です)そういう意味では確かに膣壁が嫉妬しても不思議ではないのかもしれない。

また脱ぎ去ったパンストにローションを絡めて、パンスト手コキしてみる。パンストテンガと言っても良いかもしれない。パンスト足の香りが漂っているので格別なのは言うまでもない。これはもう何が何だか解らないほど気持ちが良すぎてしまう。

新しいパンストコキの在り方を体験してみてください。

【タイトル】膣壁が嫉妬するパンストの使い方。~パンストに包まれ、パンストに出す、パンストの新しい在り方~

【出演】新美かりん・倉木しおり・一ノ瀬あやめ・二宮和香・椿井えみ・石川祐奈・AIKA・阿部乃みく

【再生時間】131分38秒

動画本編は、こちらから

 

■AIKA 出演作品

■倉木しおり 出演作品

■二宮和香 出演作品

■阿部乃みく出演作品